続 てのひらのしあわせ

何てことない日常&時々ランチブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 大往生TOP日常 ≫ 大往生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

大往生

祖母が亡くなって、実家に帰ってました。
なんと、102歳!!
明治生まれですよ。
最後は、うとうと眠り続けて、コトっと亡くなったそうです。
これぞ大往生。

なので、お通夜も告別式も、悲壮感はなく、むしろお祝い会のような雰囲気でした。
最初会ったときと、お経が始まったときは泣いたけど・・・でも、きっと天国にいってる。
優しいおばあちゃんだったから。

うちの会社は、慶弔でお休みをいただけるんだけど、上司に報告したとき。

momo「あの、祖母がなくなりまして、お休みを・・・」

上司「そうなの、大変だね。祖母っていうことは、あぁ、旦那さんの方?」

当たり前のように、年若い旦那側の祖母だと思われてしまった。
そういえば、私の年代で、祖父母が元気な人・・・少ないのかも。
長寿を誇るmomo家は、まだ92歳と88歳の祖父母が残っているのです。

長生きもね、考え物だよね。
この長寿遺伝子をもってしたら、親戚縁者、友人・・・すべて死に絶え、一人ぼっちで最後生きてる気がする(汗)
92歳の祖父は、囲碁仲間が一人去り二人去り・・・とても寂しいということを言っていたし。
若に長生きしてもらうしかないけど・・・がん家系だからな、どうだろ。
年若い友人をつくるしかないか(笑)?
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。